独居高齢者の増加に伴う葬儀の形式の変化

小さいお葬式を選ばれる人が増えています


最近では葬儀会社の広告でよくみかけるのが小さいお葬式というものです。
いわゆる家族葬などで、お通夜をしないで告別式だけで火葬して納骨するというものです。
そして、直葬といわれる親戚との付き合いが薄くなっているのもあり、火葬だけにして納骨する事もあります。
小さなお葬式の費用は、搬送から火葬まですべて含んで30万前後というのが多いようです。

独居高齢者専門の葬祭業者も出てきています

ただ飲食代や数人に渡すとしても品物代は含まれていない場合があるので、ここは注意したいところです。
また年々、独居高齢者が増加しているのに対応して様々な業者が、家族に変わって亡くなった独居高齢者のお葬式や家財処分、また死後の様々な手続きなどを請け負うという事業が始まっているようです。
これらのお葬式は、火葬だけをして納骨するようです。
勿論、登録時に希望する葬儀や納骨の方法を伝えておく事が出来ます。
登録すると、お葬式の費用と家財処分費用を預託金として預けるというものです。
その他サービスは様々なようで、自分の死後にしてほしいサービスを選んで、利用したいその分の費用を払う形もあるようです。

悪徳な葬儀業者にご用心

ここで気をつけたいのが、やはりどこにでもいる悪徳業者です。
高齢で理解や判断力が落ちているかもしれないところに、不安な気持ちをうまく利用する業者もいないとはいえません。
葬儀費用の相場は、特にわかりづらい事もありますので、希望するお葬式の形でいくらくらいが相場なのかを確認しておく必要があるのです。

事前に葬儀の相場を押さえておきましょう

それには、複数の業者に見積もりをとってもらうのが賢い方法だと言えます。
あまりに他よりも高額な見積もりだったら、それはどう考えてもおかしいのです。
そして、トラブルなどもあるようです。
生前に契約したけれど解約したら解約金がどうなったか、なるのかというトラブルです。
そのような事に巻き込まれないように、契約時にしっかり確認しておきたい事です。