家族葬の場合にかかる費用について

家族葬の平均的な費用は50万円~100万円?

最近利用される方の増加が見られる家族葬ですが、そのメリットの一つとして費用が安く抑えられることが指摘されます。
では、実際には、いくらぐらいかかっているケースが多いのでしょう。
現在では、家族葬を取り扱っている葬儀社の数も増え、かなりこの形式が一般に浸透してきた事実を窺い知ることができますが、各社のパンフレットなどをみると50~100万円位かかる場合が多いようです。

家族葬儀でもその規模によって当然価格に幅が出てきます。

家族葬と一言で言っても、本当に家族だけの10名にも満たない参列者で見送る葬儀もあれば、家族以外の故人と親しい付き合いのあった人たちも招く30名以上の参列者数が見込まれる葬儀もあります。
通常の葬儀でかかる費用といえば、葬儀社への支払い、火葬費用、お布施、飲食費用、返礼品費用などが主なものとなりますが、家族を中心とした小規模の葬儀にした場合、この中の飲食と返礼品にかかる費用が大幅に削減されることになります。
また、故人自身のこじんまりとした葬儀にして欲しいという遺志を尊重してなされる場合が多いので、一般にシンプルな葬儀である場合が多く、祭壇や装飾にはあまり費用をかけないのが普通ですから、その部分の費用も低く抑えられているのが特徴です。

イレギュラーなのが戒名やお坊さんに払う費用

ただし、それらの費用が低く抑えられていても、お寺さんに支払う費用が高ければ、トータルではあまり安くなりません。
たとえば、非常に高い戒名をつけてもらったりすれば、それ相応の費用が必要となってくるのは当然です。
また、一般会葬者は迎えないのが前提ですので、香典は入ってこないのが普通です。
ですから、いただいた香典を葬儀費用の一部にあてたりすることはできず、費用は全額遺族の負担となりますので、注意してください。