とにかく安く葬儀をあげるよりも、理性的に静かなお葬式をあげましょう

安価にお葬式をあげようとする安易な考え方について

以前は世間体などを考えて壮大な葬式をあげるという方が多く居られたようですが、昨今は時代の風潮からか安価に葬儀をあげられると言うサービスなどが増えてきています。
そもそも一番簡単なのは、死後、医師にみせ診断書をもらった後に役場に提出、そして公営の火葬場で火葬してもらうだけと言う物で、これであれば一式そろえても5万程度であげることが出来ます。
また棺桶などは5万程度のものが一般ですが必要で無い場所もありますし、骨壷なども規程と言う物はありませんので、言ってしまえばダンボールやコーヒーの空き瓶などでもよい、もしくは貰わないと言う事もできます。

やむをえない場合を除きあまりおすすめはできません

これらは経済的に恵まれていない人々や、何らかの理由で密葬を希望する人々が行う事が多く、一般的な葬儀とはまた色合いが違いますが、一つの基準として知っておくと何かと便利かと思います。
一般的なお葬式において一番お金がかかるのは、料理や仏壇に飾る花、仏壇、聖職者に支払う戒名代や人を使った場合に支払う人件費などであって、呼ぶ人間を増やせば増やすほど料金はかかることになります。

戒名代など不透明な支出に対して気をつけるだけで良いでしょう

また仏式の場合は戒名代が問題となることが多いのですが、これもランクがあり一番上の物を見栄をはって貰おうとすると一千万円前後かかる場合などがあります。
逆に、戒名がいらない、と言う方であれば仏式の墓でも戒名なしと言う事ができます。
もちろん、自分が出す部分を多くしたら人件費は減るので、会場の設営までは業者に任せて、それ以外は近親者や知り合い、親戚などに手伝ってもらうことで料金を安くあげる方も居ますし、会場を借りると言うことをせずに近所の公民館など無料で借りる事ができる場所を借りる事で安くあげる方も居ます。
この様に色々な方法で葬儀自体も安くする事ができるので、知っておくと便利かと思います。