生活を共にした家族の葬儀・お葬式についての情報を提供しています

家族葬を選ぶべき3つの理由

家族葬とはどのようなものか

家族葬とは、家族を中心としたごく近親者のみの参列によって執り行われる葬儀の形式のことを指します。
近年は、核家族化が進み、特に都会では人間関係が希薄であることが当然のこととなっているなどの理由から、従前のような大掛かりな規模の葬儀を行っても、かえって参列者の少ない寂しいお葬式になってしまうケースが多く、家族葬の形を選択する遺族が増えてきています。
また、費用もグッと抑えられるため、昨今の日本人の価値観やライフスタイルに合致するものとして、急速な広がりを見せています。

家族葬を行うメリット

1.葬儀費用の節約

この形式を選択することで得られるメリットとしては、以下のようなものが考えられます。
まず、先程も述べましたが、葬儀費用を節約することができます。
従前のような形式で行うと100~200万円位は最低でもかかってしまうのが普通ですが、その費用をかなり低めに抑えることができます。
故人自身も、遺された者達にかかる負担を極力抑えたいと願っているケースが多く、わざわざその旨を遺言書に書き残している場合も決して少なくありません。

2.個人の意志を尊重できる葬儀形式

また、自分の信念として自分の葬儀には過大な費用をかけたくないと思っている場合も多く見られます。
そういった費用の面からのメリット以外にも、ゆっくりと故人との最後の時間を過ごしたいと願う家族の気持ちを尊重することができるというメリットもあります。

3.施主側の心理的負担が少ない

通常の葬儀であれば、遺族は葬儀の進行の手はずや、参列者の対応等に追われ、悲しみにゆっくり身を委ねていることが難しいのが現状です。
バタバタといろいろな雑事に忙しく追い立てられているうちに、慌ただしく葬儀が終わってしまったという経験を持つ方は多いのではないでしょうか。
家族葬であれば、ごく親しかった人だけの参列となりますので、最後のお別れをゆっくりとすることが可能になります。

最新記事